読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO ENTERTAINMENT NO LIFE

東京に住むどうしようもないジャニヲタOLのコンサート&舞台レポ記録

ジャニーズ楽曲大賞2013に投票してみた

Johnny's

ずっと気にはなっていたのです。

でも投票するという行動まで起こせずにいたのですが、

とうとう、今年は投票してしまいました。

 

ジャニーズ楽曲大賞に…

 

まぁ当方現在悠々自適の有給消化生活をしております故

時間が存分にあったというのもありますが。

(正確に言うと有給消化生活ですが、転職活動で毎日どこかには面接行ってますが

まぁでも仕事してる人よりははるかに時間あります)

というわけで、私が投票したものを晒して

なんとなくジャニーズの2013年を振り返ろうと思います。

もう2014年だけど。

 

楽曲部門1位:「Joy!!」 SMAP

コレについてはもうダントツ1位でした。

だって同じチームの派遣さん(notジャニヲタ)が

朝仕事行くとき憂鬱だから コレ聞いて毎朝テンションあげてるって言ってたし。

確かFNS夏の歌まつり?だっけ?

最後はこの曲で締めてたと思うんだけど

最後にふさわしすぎて震えたよね。

紅白もホントサブちゃん引退なかったら

絶対大トリ「Joy!!」にして欲しかった。

なんて熱く語っている私ですが、

この音源持ってません。

テヘペロ。

 

楽曲部門2位:「リリック」 TOKIO

いやー名曲ですよね「リリック」

「リリック」出る前にずっとラジオで「手紙」を聞いてて

「手紙、いい曲だなー」って思ってたんだけど

ドラマ「泣くな、はらちゃん」見て、軽く超えたよね。

はらちゃんの世界観にピッタリだったから、

「誰に作ってもらったのかしら?」って思ったら

長瀬兄やんが作っていたというのも驚き。

そして、またこれも音源持ってません。

 

楽曲部門3位:「まだ涙にならない悲しみがKinKi Kids

初めて曲聞いた時に「わぁ!」って思った曲でした。

KinKiは最近のシングル暗い感じの曲が多かったから

新鮮な感じがしたのかもしれません。

(余談ですが「Secret Code」好きです)

そして、もうみなさんお察しの通りこれも音g(ry

 

楽曲部門4位:「Supernova」 V6

アルバムに入った時に「やっとiPodで聞ける!」って思いました。

この曲については曲のみというよりも

曲に付随するV6のパフォーマンス込みで、という感じです。

まぁでもOMGコンとセクバニコン、フリ変わってましたけどね。

でもカッコイイことには変わりないです、ハイ。

あ、コレはちゃんとアルバム買ってますからね。

 

楽曲部門5位:「TAKOYAKI in my heart」 関ジャニ∞

個人的に不発だった「JUKE BOX」ですが、

この曲だけはすごい聞いた。

キスマイで大阪行った時に

「次は大阪、大阪」ってアナウンス鳴った時に

思わずコレに曲変えました。

ヒャダイン大先生がエイト10周年アニバ直前に

ステキなメンバー紹介曲を作ってくれたなって思いました。

あのフリ覚えたかったけど会場が結構踊ってなくて断念。

もんじゃいとか結構みんな踊ってたのになぁ。

 

未音源化部門:該当なし

個人的には「百花繚乱」か「Not Enough」かなって思ったんですけど

2012-2013のジャニワだったから今年投票できないんですよね。

「Like A Blow」か!?って思ったらネバマイのc/wで音源化されてるし。

そして今更「space beatだ!」って思っても後の祭ですね。

ってか、全部ジャニワ関係!

どんだけ私ジャニワに浸かってるの!!

これまた余談ですが、今年「百花繚乱」なくてすごい残念。。。

 

現場部門:ABC座2013 ジャニーズ伝説

これはもう初日見て、

周囲に「ジャニヲタ名乗るなら絶対見るべき!」と言いました。

まぁその時点で全公演完売してたのでムリな話でしたが。

ジャニーズ事務所の始まりであるジャニーズの話から始まって

2幕ではそこから一気に現在までさらうという

まぁ私は個人的に「社長の走馬灯を舞台化」って思っていましたが。

そうだとしてもあの社長の走馬灯を具現化できる

A.B.C-Zというグループは 本当にすごいグループだなと思いました。

あと、まぁ個人的には

すの執事とか、なべしょの歌声とか、なべしょの河合さんいじりアドリブとか …

ハイ、楽しかったんです。。。

 

ベストバイ部門:裸の時代

本当はOMGコンのDVDだと思うんですけど、

いかんせん、現時点で私まだ買ってないというね。。。

なのでオススメできないので、次点でコレです。

デビュー後の彼らしか知らない多くの皆さんは読むがいいですよ。

デビュー前から応援してる皆さんは当時を思い出して泣けばいいんですよ。

実際私泣いたし(恥)

でもねぇ… これは個人的な意見ですが、

アイドルがこういう過去を喋っちゃうのはどうかと思うんですよ。

アイドルって夢を見せる仕事だと思うんで

その夢を見せるアイドルが

「あの時実はこうだったんですよー」

とか言っちゃう?みたいな。

そういうのを話して

「自分たちをまるごと愛してほしい」

という気持ちもわかりますが

個人的にはアイドルには夢見せてほしいなって。

以前友人が

「お笑い芸人のドキュメンタリー見るのキライなんだよね。

笑わせてナンボの芸人が苦しんでネタ作ったり、

M-1負けて悔しがってる姿とか見ても全然笑えなくない?」

と言っていたけど、 それに似た理由ですね。

 

自担部門三宅健

たとえ2013年一番多い現場がなべしょだったとしても

北山くんを追って大阪に行ったとしても

「横山くんってばイケメンー」ってデレデレしても

私にとって三宅さんは絶対に揺るぎません。

まぁ舞台は1回しか行きませんが(汗)

これについては言い訳させてください。

正直、三宅さんの舞台で通ってよかったって思えたのって

「ULTRA PURE」だけなんですよ。

三宅さんの演技の問題ではなく、

話が… 何度も見るの辛い。。。

私の中では 三宅さんの魅力だけで通える<つまらない舞台作品に対して

時間費やしたくない ということで。

今年の「Some Girl(s)」については つまらないとかじゃなくて、

もう私がニール・ラビュートが苦手という1点です。

すごいワガママな要求ですが、

三宅さんが私が好きな演出家or作家の作品で舞台やってくれないかなーって

思ってます。

今年は「炎立つ」かー。

演出栗山民也か…

栗山民也、オレ、苦手…

 

2014年も沢山のよい作品がジャニーズから生まれますように!

広告を非表示にする