NO ENTERTAINMENT NO LIFE

東京に住むどうしようもないジャニヲタOLのコンサート&舞台レポ記録。質問箱はこちらhttps://peing.net/siesta_kmyouki

2018年3月~4月の映画鑑賞

ジャニーズのレポをあきらめたから
(というか、めっきり数減ったしめんどくさくて)
せめて映画の感想でも書いて定期的に更新しようと思ったにもかかわらず
半年以上放置する体たらく。

いや、ホントちゃんとしよ、私。

というわけでサクサク書いていくよー。
せっかくお金出して見たんだから、鑑賞記録付けないと損。

≪注意≫
以下、下記映画作品のネタバレを含む感想がありますのでお気をつけください。
blank13
シェイプ・オブ・ウォーター
坂道のアポロン
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男
クソ野郎と美しき世界
娼年
・レディプレイヤー1

ゆきんこの質問箱です
https://peing.net/siesta_kmyouki
(全然来ない。あんま興味ないか私のこと)

www.blank13.com
高橋一生の熱愛報道が出てから見に行くという謎のメンタルの強さよ。

齊藤工ってこういう映画が好きなんだね、という感想。
淡々と静かに進んでいく映画です。
そんな中のラストシーンがお母さんがベランダでタバコを吸うシーンなのですが、
そこに笹川美和さんカバーの「家族の風景」が流れるんですけど
それだけでボロボロ泣いてしまって。
このラストシーンのためだけに、それまでがあったと個人的には思うくらい
ラストシーンがすごかったです。

www.foxmovies-jp.com
これは2018年ベストに入ってくる映画でした。
予告編見たときはそんなにって感じだったけど
周りで結構みんな見たいと言っていたのと、アカデミー賞取ってたしで。
(こういう人がいるからな。私ちょろい)

この映画は世の中で虐げられている人たちによる美しいおとぎ話だなって思っていて。
主人公側の人たちって何かしらの理由で世間のメインストリームからつまはじかれてしまっていて
その人たちの逆襲でもあるんだけど
でも「逆襲」とか言うと物騒で、じゃあなんかピッタリハマる言葉がないか探すけど
結局見つからないのですが。

イライザと不思議な生き物*1
多分メインのヤツにどうの、ってより心の底からお互いを求めあって
だからそこ最後は二人で生きていくことを選んだのかな?と思いました。
不思議な生き物がイライザの家に来た、ほんの少しの幸せな時間とか
2回目は結末を知っているだけにダーダー泣きました。
見た後また見たくなる、素敵な映画でした。

www.apollon-movie.com
音楽とほっくん*2目当てで行ったけど
「知念くんすごいし中川大志くんかっこいい」という感想で帰ってきました。
知念くん私が見てないだけかもだけど、演技の仕事もっとやってほしいと思った。
クラシックにしか触れてなかったのが、ジャズに出会って
最初は気になってる子に近づく口実だったかもしれないけど
耳コピして練習したりして、
最後は音楽を通した友情の話になっていて
でも恋愛・友情・音楽のバランスがいい映画でした。
ほっくんはマッシュルームカットでグループサウンズしてた。
マッシュルームでもかっこよい松村北斗よ。

www.churchill-movie.jp
ゲイリー・オールドマンがひたすらに素晴らしい映画。
以上。
この映画では特殊メイクで完全にチャーチルになっていたけど
メイクなしのひたすらにイケオジなゲイリー・オールドマンが見たいです。

kusoyaro.net
まぁね。やっぱり押さえておかないと。
「新しい詩」*3が一番好きでした。
グレイテスト・ショーマンみたばかりだから余計に。
慎吾ちゃんの話は、Abemaの最後のショータイム的なの見てたら
「これは盛大なJ事務所(メリーさん)への皮肉?宣戦布告?」と思わざるを得ない。

まぁでも今の3人の活躍を見てると
「やりたいことのびのびとやらせてもらえてよかったね」
という気持ちになります。

shonen-movie.com
まぁ予告や口コミで言われている通りなので、私からの詳細は省きますが
その松坂桃李の絡み含めて青年の成長物語です。
途中、「女性はこう言っておけば『わかってるぅ!』っていうんだろ?オラオラ」みたいなセリフが
気になったりしましたが。
うん、まぁでも。見といてよかったです。
私18歳越えててよかった。娼年を映画館で見れた。

wwws.warnerbros.co.jp
MX4Dヴァージンを捨てるならコレだ!!!!と思って。
結果MX4Dで見て大正解でした。
話云々よりもう映像すごっ!っていうタイプの映画です。
納得いかなかったのは、主人公がやられているときに背中ボコボコされるのはわかるけど
敵がやられているときも背中ボコボコされたこと。
どっち視点でみたらいいんだ!となるなど。

やる気のあるうちに次も書きます。

*1:「イケメンはんぎょドン」と個人的には呼んでる

*2:SixTONES松村北斗くん

*3:監督&脚本児玉裕一椎名林檎のPVとかよく撮ってる。そりゃ私好きだよ