読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO ENTERTAINMENT NO LIFE

東京に住むどうしようもないジャニヲタOLのコンサート&舞台レポ記録

NHK「Songs」番組協力参加レポート

Songs放送終わったし、もう上げていいかな?

V6の20周年アニバコン当落がなかなかの阿鼻叫喚具合な中、「Songs」の番組協力(以下「番協」)に応募して見事当選しまして。いそいそと会社を早退して収録に行ってきました。
番協ってなかなか参加する機会もないし*1、番組は違えどNHKの番協が今後あった際の参考になるかもしれないということで当日の様子を書いてみようと思います。

一応事前に断わっておきますが、今回私が体験したことが毎回そういう流れということはないと思いますので「あー番協ってこんな感じだったのね」的な感じで参考にしていただければ幸いです。


当日の流れですが、ざっくり説明すると
「集合→整列→待機→収録→待機→解散」
という感じでした。待機多いですね。そうです、番組協力の仕事の半分は待機です。V6さんにお目にかかれる時間なんて、待機の時間に比べたらホント一瞬です。以前参加したジャニーズ全く関係ない番組のライブ収録の番協*2も結構待機時間多かったよなぁとか思い出しました。というわけで、番協参加の際は長時間の待機があるものと思っておいた方がよいと思います。

では当日の様子を詳しく。

集合

当選メールに記載の時間に、記載の集合場所に時間厳守で集合します。ちなみに今回のSongs番協は当日雨だったためかなり早い時間から人が集合していたみたいでした。かくいう私も雨でどうしようもないので20分前くらいに様子見程度に集合場所に行ってみたら結構人集まってたのでそのまま集合場所に行ってしまいました。雨は辛かった…
今回の番協の集合時間は2回に分けられてたみたいです。私は最初の方の集合でした。

参考までに以前参加したWARM UP GIGの時の話ですが、こちらの時は当選メールに「絶対に集合時間より早く集まらないでください」と注意書きがありました。おそらく会場の性質上早く並んだもん勝ちになるのを避けるためだと思うのですが。素直(かつチキン)な私は集合時間ジャストかちょっと過ぎたくらいの時間に集合時間に行ったところすでに長蛇の列。しかし、引き換えでもらった整理番号はめっちゃ早かったです。並んだ時スタッフが列のあたりをチェックしてたので、何番目以降が時間通り並んだ人ってチェックしてたんだと思います。遅刻はもってのほかですが、こういう場合もあるので当選メールの指示には従いましょう。

整列

集合時間になると(たぶん)JFCのスタッフにより当選メールに記載の整理番号順での呼び出しが始まります。呼び出しは「番号1番から50番までの方は前の方に来てください」みたいな感じでその中での番号順は客同士で確認し合って番号順に整列します。ここで番号順に並び、出席&持参物チェックになります。私はサポートカードを作ったのでカードと当選メールのみのチェックで完了。いやはやサポートカード持ってるとチェックが早く済んでよかったです。今はわかりませんが私が作成したタイミングでは顔写真がカード内臓のICに記録される仕様になったらしく、カードに顔写真付いてません。私よりちょっと早く作った友人は顔写真入ってて私のカード見て「ずるい。私も顔写真ない方がよかった」と言っていました。ってか一時期カード作れ作れメールで呼びかけてたけど最近なくなっちゃったなぁ。まだ作れるんだろうか、サポートカード。。。

「番号順に並んでください」と言われると登場する番号順おばさん(=私)、今回も登場です(笑)。最初周囲の人も「え…聞いちゃっていいのかな?」みたいな空気が流れていましたが、そんな空気を感じる間もなくおばさんガツガツ聞きます。V6ファンのみなさんは結構こういう時言われたことにすぐ反応できる人たち(と私は思っている)なのでみんなで声掛け合って私がいたあたりの人たちはすぐに番号順に並べていたんじゃないかなと思います。

出席&持参物チェックについて。ここで服装チェックも行われます。メールに記載された服装から外れたものを身に着けている場合、ここで指摘されます。一番チェックされるのはやはり靴かな?割とどの番協でも言われることかと思うのですが、ヒール靴禁止というヤツです。2~3センチのヒールでもダメみたいです。「ちょっとのヒールなら大丈夫だよね?」みたいな感じで思う方もいると思いますががここはメールにきちんと従うのがよろしいかと。「エッ!注意されるだけなの?」とお思いの方。後でそのフラグ回収するのでちょっと待っててね。注意だけで済むわけないよ?
出席&持参物&服装チェックの後、入館証が配られ中に入ります。前の人と間が開くと完全に迷子確定です。そんな感じで待機場所となるスタジオに到着。

待機(トイレ)

ここでしばらく待機になります。その間、(たぶんNHKの)スタッフが列ごとにトイレに行きたい人を募ってトイレに行きたい人はトイレに行く形です。トイレに順次連れて行かれる中、スタッフが「チケット」と称した小さい紙きれを配り始めました。そうなんです。私はてっきりメールに記載の番号(=最初に並んだ順番)でスタジオに入るのだと思っていたのですが、実際はチケットと呼ばれるその紙切れに記載された番号で入場ということでした。ただ、コレ配られてるのトイレに行って不在の人がいる中なんです。当然チケットもらった人ともらってない人(=トイレ行ってた人)って後々混在することは予想できますよね?実際トイレから戻ってきた人が「あれ?私その紙もらってない」みたいになってまわりの人で「コレチケットとか言ってたんでもらってきた方がいいですよ?」とかアドバイスして後追いでもらいに行ってる人多数。トイレに行ってる人が戻ってきてから拡声器で「チケットもらってない方いらっしゃいますかー?」とか呼び出しする始末…正直「段取り悪すぎだろ…」と思いました。ちなみにこのチケットの整理番号ですが、アルファベット+番号という形でアルファベットごとに入れられるブロックが異なるみたいでした。番号もランダムだったのかな?私は当選メールの番号は割と早かったのですが、もらった番号は結構遅かったです。チッ。ってその時は思いました*3
次に始まったのが、チケット記載の番号順に並ぶというものでした。全員待機しているスタジオの端に寄せられ「Aの1番から20番までの人出てきてください!」みたいな。アルファベットごとに始まりの番号が違ったりするにも関わらずスタッフはその番号を把握していなかったらしく、「Dの○○番より前の番号持ってる方いますか?」と聞いて、またそれより早い番号聞いて、みたいな感じがあったり、かと思えば他のスタジオで待機だったらしき人たちが入ってきて「え、ちょっとこのスタジオこれ以上人入れなくない?」みたいになったり、先に呼ばれたAの人たちがずっと並んだままで他のアルファベットの人がどこか連れていかれたり。。。状況的に結構カオスでした。
このタイミングで、先ほど服装チェックで引っかかった人たちは呼び出されてどこかに連れて行かれていました。私は特に服装に不備がなかったのでその人たちがどこに行ったのかはわかりません。ただ、一緒に来た友人ともはがされ、どこかにまとめて連れていかれてたということだけお伝えしておきます。当選メールの指示には、従った方がよさそうですね。。。

収録

ここでやっと収録スタジオに入ります!私は遅いアルファベットに遅い番号だったので結構あきらめていたのですが、実際通された位置が花道側の2列目!!!近い!!!さっき心の中で悪態吐いてゴメン!って思いました。アルファベットは立ち位置のブロックだったのかなぁと思いました。スタジオに全員入ったところでつーこさんからご挨拶。つーこさん!久しぶりにお目にかかった!!その後、番組スタッフからご挨拶と収録の注意事項の説明。それが終わると結構すぐ「V6のみなさんの登場です!」みたいな感じでさくっと進んでました。
放送みていただければ実際の収録の様子はわかるかと思いますが、マジで!!!近かった!!!!個人的には2メートルくらいの距離で三宅さんのハニビを見れて、とびっきりの笑顔の「♪笑ってー笑ってー笑ってー」をもろに被弾し、1月ぶりに13月のユートピア*4を見た気がしました。あとMUSIC DAYの時に私がMAX萌えたMFTPのイントロの1列になって順に顔上げていくところで三宅さん今髪サラサラだから顔上げたときに髪が超絶サラッサラするのを生で見れて変なタイミングで悲鳴あげてしまいました。ポイントマニアック過ぎてすみません。

収録終了後

収録が終わるとまず最初に待機していたスタジオに戻って荷物の確認をさせられました。ここでまた待機。とは言っても収録前の待機とは異なり短い時間でした。たぶん30分も待ってない。そのスタジオに荷物を置いた人が全員そろったくらいのタイミングで帰ることになりますが、スタッフに続いて玄関まで行きます。前の人に続かないとたぶんNHK内で迷子になりそうだったので必死で前の人に続きました。
玄関のところで入館証を返却してNHKを後にしました。集合時間~NHK退館までだいたい3時間半くらいだったかな?メールにあった終了予定時刻よりはるかに早く帰れました。

そんな感じで私の久しぶりの番協は終了しました。
行く前に友人(このブログに割とよく出てくる嵐担。何度か番協参加経験あり)に「NHKだったらあんた行きなれてるでしょ?」って言われました。でも私行ってるのNHKホールだし、少クラは番協ってより観覧要素強いし…と。実際全然違いました。少クラ観覧は集合時間とか服装チェックとかないし*5
今回は歌収録で30分も時間掛かってないかもしれないけど、それでもあの距離で歌って踊ってのV6を見れたのはホント行ってよかったなと思いました。
あ、あと番協だと結構一人で行く人多いからその場で友達作ってくる人も多いと思います。友達まで行かなくても前後で並んでた人となんとなく仲良くなって番協中はその人と話してたーみたいな。友人にも「番協友達できた?」と言われましたが、当方割と人見知りでして。整理番号おばさん時はバンバン声掛けますが、それ以外の時はぼーっとしており。なんなら待機の時に前にいた二人組の方がちょっと私に話しかけてくれて会話を続かせようとしてくれたような気配を感じたのですが、それさえもぶった切る脅威の人見知り力を発揮。唯一スタジオに入った際に隣だった方が私の入館証を持ってくれたり*6、私がぼーっとしてたら肩叩いて「あそこ(私たちがいた場所から近い花道)にスタンドマイク来ましたよ!」って教えてもらったくらいです。最近は友人に紹介された人とかなら初対面から割と楽しく話できるようになったのですが、一人で放り込まれた場所では相変わらず持前の人見知り力を最大限発揮してしまうみたいです。
という報告をしたところ「出た、人見知り(笑)」と言われました。もういい年だし、人見知りを克服したいと思う2015年夏でございます。。。

*1:私に関してはおそらくカミセンのWARM UP GIG@今は無きSHIBUYA-AX以来

*2:フジテレビ「FACTORY」の収録。

*3:スタッフが人数聞いて人見て渡してた風だったので「なんだよ見栄え悪いからババァは奥に引っ込んでろってか?私より年いっ(以下自重)」と思ってふて腐れた

*4:ジャニーズワールド参照

*5:JFCで募集してる少クラ番協はきっといろいろ制約あると思います。応援練習とかもあるしね

*6:あいにくポケット無の服だったため入館証隠す場所がなかった

広告を非表示にする