読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO ENTERTAINMENT NO LIFE

東京に住むどうしようもないジャニヲタOLのコンサート&舞台レポ記録

アラサー女の転職活動

ジャニーズと全く無関係ですね。
トニトニのまとめはまた後日にして
(でも絶対1月中にまとめる)
今回は先日ちょろっと言いましたが
この度長いこと勤めていた会社を辞めまして
転職活動の結果、無事希望の時期に次が決まりました。
転職の件を同年代の友達や同僚に話すると
結構興味深々に転職活動について聞かれるので
もしかしたら需要ある?と思いまして。
というわけで、私の転職活動について記録しておこうと思います。

 

まず参考までに私のスペックから。
性別:女性
年齢:アラサー
学歴:文学部卒(そこそこ有名な都内の私立大)
住所:東京一人暮らし
職歴:転職は2回め。
希望職種:事務/営業アシスタント系。
営業だったら新規飛び込みではない既存の提案営業。業種については不問。    
【STEP1 転職サイト/転職エージェントに登録】
まず手始めに転職サイトに登録しました。
最初に登録したのはDODA
理由はただfacebookの横に広告があったから そのままクリックしました。
(こういうのあるから結構WEBの広告って効果あるんだろうな)
次に登録したのはリクナビネクスト。
まぁ転職活動するにあたってリクナビネクストは押さえた方がよいだろうと。
その流れでリクルートエージェントにも登録。
リクナビネクスト等のいわゆる「転職情報サイト」への登録と
「転職エージェント」への登録。
何が違うの?
という疑問がある方もいるかと思います。
まぁざっくり言えば
転職サイトは転職採用情報が掲載されているのみなので
自分で求人を見つけて自分で応募します。
(希望職種等登録するのでメールでお知らせしてくれたりはしますが、基本自分で応募)
転職エージェントは、
基本自分で動く必要はありません。
エージェントの担当者がどんどん条件にあった求人を紹介してくれます。
自分がやることはその求人に応募するかしないか決めるだけ。
「応募する」とエージェントに連絡すると、
自分のかわりにエージェントから書類選考に応募してくれます。
仕事をしながら転職活動となると、
求人を吟味する時間もなかなか難しいので これは本当に助かります。
ただし、紹介してもらうためには
自分がどんな職種を希望しているのかを 詳細に伝え、
どういった方向で転職活動をするか、
担当者と話を詰めなくてはいけませんので
担当者と事前に面談する必要があります。
面談については電話面談もあれば、直接出向くのもあります。
ちなみに私はDODAは電話面談、
リクルートは会社に行きました。
どちらにしても、聞かれることは一緒です。
自分がどういう方面に転職したいのかとか
どうして転職することにしたのかとか
聞かれたことに正直に答えます。
転職理由もココでは正直に言います。
すると担当者がマイナスな転職理由を
前向きな言い方で変換してくれるので
後日面接の際に非常に役立ちます。
それと履歴書と職務経歴書を事前にエージェントに提出する必要がありますので
その書類を作らなくてはいけません。
しかしご安心を。
履歴書と職務経歴書を担当者がきちんと添削してくれます。
私は結構直されました。
職務経歴書については添削してもらわないと
全然勝手がわからなかったので これはとても助かる。
あ、ちなみにエージェントですが、すべてのサービス無料です。
ここまで書いてきてわかるように
自分の転職へのテンションで登録するところを決めましょう。
「転職しよっかなーどうしよっかなー」
くらいなら転職サイトに登録して 暇なときに求人眺めましょう。
「もームリ!転職します!絶対します!いつまでにします!」
という決意ならば 転職エージェントに登録しましょう。

【STEP2 書類選考に応募】
担当者との面談が済むと数日の後に求人が紹介されます。
求人の詳細を眺めて応募するかしないか決めます。
あ、どのエージェントでも
「面接の前に必ず面接対策講座(各社講座名違うけど内容はこういうこと)受けてくださいね」
と言われます。
これは転職することを決めたなら行きましょう。
「新卒の就職面接もやったし、別にいいじゃん?」
とか甘いです。
新卒採用と中途採用の違いをここで実感します。
で、担当者に応募する旨連絡すると書類選考に進むわけです。
(「担当者に連絡」とか書くとすごいめんどくさそうですが、
実際はボタン一つクリックして、
必要であれば応募したいと思った理由を備考欄に入れたりするくらいの
手間のかからない方法です)
書類選考ですが、まず通りません。
いきなり通ったらキセキです。
私は書類通過率が良いと言われましたが、それでも3割くらい。
ほとんど書類で落とされます。
でもここで挫けてはいけません。
とにかく数応募していけば、
どこかで通りますので 根気強く応募し続けましょう。

【STEP3 面接】
書類選考が通過すると次は面接です。
エージェントの担当者から通過の連絡と同時に
面接日時の調整依頼が来ます。
仕事をしながらだと、主に出勤前or就業後ですかね?
外が多い営業の人だと営業と偽って面接とかも行くらしいですが
私の場合、完全内勤だったのでムリでした。
先方の会社から提示された日時で都合よい日を、
提示された日時がすべてダメなら、自分で「ここならOK」という日を
担当者に返します。
ここでもエージェントの良い所。
こういった面接の日時調整をすべてエージェントの担当者がやってくれます。
ここでうまく調整がついて、
はれて面接日時が決定します。
書類選考通過~面接の間に、
希望すれば志望動機や転職理由、キャリアプランなど
面接で聞かれがちな内容を添削してもらうことも可能です。
あと、面接日時調整連絡の際、
エージェント側で面接についての情報を持っていれば
過去の面接で聞かれた質問内容や、評価ポイント、社風などを
事前に教えてくれます。
そして面接に向かうわけですが、
面接終了後はエージェントの担当者に
その日の内にフィードバックを送ります。
どんな感じの面接だったかとか、
志望度とか、ですかね?
ここでもし
「面接で緊張してこんなこと言っちゃったんだよなー失敗したー」
なんてことがあれば その旨担当者に連絡すれば、
エージェントから先方の会社にフォローを入れてくれたります。
あと、志望度が高い場合もエージェントからプッシュしてくれます。
これは私の経験談ですが、
私書類通過率は良かったんですが、
面接がダメでして…
これ新卒の時もそうだったんですけどね。
模擬面接とかもやってもらったけど、
全然通らなくてねぇ…
担当の人も原因がわからなくて困ってました。
結局世の中顔なんですかね?
と腐った時期もありました。
でも、ちょっとコツというか理由がわかったら
途端に面接通るようになりました。
結局最後は自分ですが、
それに気づくきっかけくれたのは エージェントの担当者だったりします。

【STEP4 内定!】
面接が通ると、晴れて内定。
エージェント的にも「よかった!」となります。
内定の面談の日程調整までエージェントが面倒みてくれます。
その面談で内定受けますとなると
ここでエージェント卒業になり、
エージェントを挟まず、
会社と直接連絡を取ることになります。

さて、ここまで私の転職活動の手順を説明して参りました。
今回エージェントは2社登録しましたが、
これは
「どうせもう2度とフツーの転職活動しない(つもり)だから、それなら経験できること全部してあとでネタにするズラ」
と思ったからやってみましたが、
結論「1社に絞った方がいい」です。
2社登録すると、紹介も2社分来るのですが、
企業もどちらにも求人出してたりするんですよ。
そうすると応募するしないを決めるときに
どっちかですでに応募した企業を
(最悪なのはどちらかで応募して書類で落とされた企業を)
再度、別のエージェントで紹介されることがあるんです。
まぁ別にうっかり応募しちゃっても大丈夫だとは思うんですが
でも、膨大な求人を紹介される中で
応募した企業・してない企業を 記憶することはまず不可能です。
だから私は「なんか聞いたことあるぞ」と思ったら
もうひとつの方の紹介求人一覧から「Ctrl+F」で検索しておりました…
結構普通…
で、結局2社使ってどっちがよかったのよ!?
ってのが一番聞きたいことかと思います。
もし、私が1社に絞るなら… リクルートエージェント、かなぁ…
内定もらった会社はDODAさんに紹介してもらった会社なんですけどね。
まぁリクルートさんはやはり紹介求人数が比べ物になりません。
紹介数は最初が一番多くて、
日々減っていきますが それでも平日5社くらいは紹介頂いていた印象。
DODAは最初は多かったんだけど、数日後パタリと紹介が止みました。。。
で、たまーにポロリポロリと来る感じ。
担当者はホント一期一会だと思います。
私は両社ともとてもいい担当の方でした。
リクルートの方には何度も相談したり、
模擬面接設定してもらったり
しまいには面接前に電話をいただき、
直接面接の対策を教えてもらったりしてました。
DODAの方も求人紹介はなくても連絡をくださったり
面接が通れば一生懸命企業担当にプッシュしてくれたり
結果が遅ければ途中経過を教えてくれたりしました。
実際、内定いただいたもの
きっと担当の方が私を一生懸命プッシュしてくれたからだろうなー
って思っています。
ここまで読むと「じゃあリクルートだな」となると思うのですが、
リクルートエージェントの最大の欠点があります。
それはリクルートエージェントのサービスは
3ヶ月という期限があるということです。
じゃあ3ヶ月で決まらなかった場合、
「3ヶ月経ったのでサービス終了です。あとは自力で頑張って」
とは言われないのでご安心を。
私10月頭に登録したので1月はもう3ヶ月過ぎてたのですが、
求人も紹介してもらえましたし、アドバイスももらえました。
転職活動って長くやればいいってもんじゃないので
3ヶ月という期限を持って、
その期間で最大のパフォーマンスを発揮するという意味で
期限をもうけているのかな?
と思います。
(私個人の見解ですが)

次に私が志望した「事務職」について。
これは希望者が多い割に採用枠が少ないです。
結構よくあったのが、
紹介されたけど帰宅後応募しようと思ったら、
もう応募終了してたとか。
事務は募集を出すと沢山応募が来るので
1日経たずに なんなら数時間で応募を閉じることもよくある話です。
よく考えればわかりますが、
企業の事務職は最近は社員(正社員・契約社員)に任せるより
派遣さんにやってもらう傾向がありますよね。
私、派遣会社も登録しましたが、
事務の仕事大量に紹介してもらいましたもの。
だから正社員の事務職募集なんてホントまれ。
契約社員でも狭き門。
そんな感じでした。
だから私も事務職だけではなくて、
既存の提案営業ならOKにして 紹介してもらう企業を増やしていました。
実際1社営業で通ったし(2次面接で落ちたけど)。
そんな感じなので、事務職の転職は厳しいと思った方がいいですよ。
って、実際営業アシスタント職で転職が決まった私が言っても
あまり説得力ないかもしれませんが。

最後にむりやりヲタ事につなげますが、
やはりジャニヲタに必要なものは
担当への愛と、お金!
だと私は思っています。
(ゲスいですが、大事なことなので文字を大きくしました)
ヲタクが職を失うということは
すなわち担当の舞台やコンサートに行けないと言うこと!
そんなの死活問題!
基本的には「働かざる者、コンサート・舞台に行くべからず!」ですよ。
(ほら、学生さんとかはね。バイトできなかったりしますし)
あ、誤解なきように一応書きますが
「お金」と言いましたが、
それは決してコンサートや舞台でチケット代+手数料以上のお金を払って行ったりすることじゃないですよ。
当方、コンサートや舞台はできれば数入りたいので
回数入るためのお金、という話です。
なので、もし職を失いそうなジャニヲタさんとか
「今の仕事だとヲタ事に支障あるから、ちょっと転職してもっと動きやすい職場にいきたいなー」
とか思ってるジャニヲタさんの役に少しでも私の経験が役立てれば嬉しいです。

というわけで、私は演舞場に向けて 新しい職場でバリバリ働きたいと思います!!!

広告を非表示にする