読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO ENTERTAINMENT NO LIFE

東京に住むどうしようもないジャニヲタOLのコンサート&舞台レポ記録

「Everybody Go」全曲レビューしちゃうぞ

Kis-My-Ft2Everybody Goオリコンウィークリーチャート初登場1位おめでとー!!!! 31万枚ですって。 みんなあんなに買ってるんだから、 オリコン1位は堅いだろ?とは思っていたけど 実際1位になって、31万枚という数字になってみると すごいなぁーって。 この1位と31万枚という数字はきっと キスマイの今までの努力と 全国のキスマイ担の努力の結晶だと思うのです。 えーっと、個人的には5枚しか購入しておりませんが これから末長くチャート入りできるように 周りの人に購入を薦めたりしようと思っております。 オリコン初登場1位も大切だけど、 トータルの売上枚数も大切だからねん。 というわけで、実はひっそり温めていた企画を ここでやろうと思っています。 それは、「Everybody Go」全曲レビュー。 なんでこんなことしようと思ったのかと言えば 他のジャニブログとはちょっと一線画したことをしたくなっただけです。 ただ 「みっくんのソロから始まるなんて、ステキー」 とか 「『S.O.KISS』ヤヴァイわぁ」 なんて感想はネット上にたくさん落ちてるだろうし。 それだけじゃ、きっとファンの裾野は広がらないだろうし。 どうせなら、キスマイに興味のない人が 「ちょっと聞いてみよう」 とか思ってもらえるようなレビュー的なものを書いてみようかな?と。 そんなことを生意気にも思ったので、やってみます。 いざっ! Everybody Go」 デビュー曲にふさわしい、勢いに満ちた曲である。 全体を彩るのはキラキラの電子音。 そこに込められたメッセージは「No.1を絶対につかみ取ってやる」という 彼らの強い気持ちである。 抜きんでることを避け、「オンリーワン」を目指そうとするこの時代に こんなにもNo.1を全面に押し出すのは一見異質に見えるかもしれない。 しかし、それが長い下積み時代を経験した彼らにとっては 必然的に身に付いたハングリー精神なのだろう。 そして、このハングリー精神が彼らの魅力のひとつになる日も近い。 「この時代のチャンピオン」を目指していくKis-My-Ft2の今後が非常に楽しみである。 「S.O.KISS」 表題曲「Everybody Go」と対を成す曲だろう。 デビュー前から彼らを知っているファンにとってみれば ある意味、こちらの面のキスマイを好む人も多いかもしれない。 クールかつ荘厳なサウンドに乗せて、 歌われているのは、グループ名にも入っている「Kiss」というフレーズを 印象的に取り入れて、想いを寄せていた女性に裏切られた男性の心情である。 表題曲とこの「S.O.KISS」の2曲を並べることにより Kis-My-Ft2というグループの振り幅の広さを表現している。 「KISS FOR U」 秒針の音が印象的なイントロ。 この秒針の音は「1秒でも早く君に会いたい」という歌詞とリンクし せつない心情をより強調している。 ミディアムなテンポにマイナーな曲調。 途中織り込まれる英語詞含むラップ詞が よいアクセントとなっている。 今後、コンサートでどのように歌われていくのか 非常に気になる1曲である。 「若者たち」 「THEアイドル」な勢いに満ちた曲である。 表題曲「Everybody Go」とはまた違った勢いを持った曲である。 今までジャニーズJr.という籠の中にいた彼らが 一アーティストとして旅立っていく決意表明ともとれる曲だ。 「闇の向こうには 輝く明日/地図のない旅に出よう」 このフレーズからは未知の世界に向かっていくことへの不安と それさえも力に変え、光り輝くはずの未来に向かっていく Kis-My-Ft2メンバー7人の姿が重なる。 若い彼らが歩み始めた長い旅路は、まだスタート地点である。 光り輝く世界に、この7人がファンを連れていく。 そんな物語が今始まったばかりだ。 [執筆後記] ま、執筆ってほどじゃないけど(汗) その曲をエンドレスリピートしながら書いたんですけど 完全仕事モードになりますな。 書き終わってそのまま垂れ流しにしてて今「ポリリズム」が流れているわけですが(爆) 何か難しいって、歌ってるキスマイが曲書いてるわけじゃないってこと。 だから歌詞=キスマイの意思 じゃないし。 あ、別にキスマイに曲作れってことじゃないです。 むしろそーゆーのはプロに任せて、 アイドルとしていただいた曲を自分たちなりにどう表現できるかに 心血注いで欲しいと思っています。 それでも頑張って書きました。 某邦楽ロック系ウェブサイトのレビューを参考にしつつ。 今後も続けていくかは微妙。 だって超頭使うんだもん。 あと、何回も聞いて書くよりも ファーストインプレッションで感じたことを文章にした方がいいと思いました。 何回も聞いてるとその曲の「言い得て妙」みたいなフレーズが 全く浮かばない。 あーあー あとがきはこんなにスラスラ書けるじゃないか。 2曲分書くのに1時間くらいかかったお。
広告を非表示にする