読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO ENTERTAINMENT NO LIFE

東京に住むどうしようもないジャニヲタOLのコンサート&舞台レポ記録

うっかり初日に行っちゃった

うっかり行っちゃいました。 「新春 人生革命」の初日。 あの、初日とかって、多分狙って行くんだと思うんです。 でも人生革命って滝沢革命始ってから数日後に始まるから そういう意識が薄かったんですよね。 で、たまたま取れたのが初日… いろいろおいしい思いしたからいいけどさ。 以下、最初で最後の人生革命のレポらしきものです。 ネタバレします。お気をつけくだされ。 まず、キスマイ担的にこの「人生革命」のオススメポイントを。 ・結構出てる ・滝レボとはまた違った感じの悪役太Pが見れる ・みっくんの太夫姿に惚れ直す (「太夫」がわからないゆとり世代はウィキろうね) ・プレゾンの感動再び!「幕を開けろ!」が見れます。歌うのはニッキだけどね。 このくらいですかね? 1回くらいは目に入れておいた方がいいと思います。 滝レボとは違ったキスマイが見れるという意味で。 以下、普通の感想。 あ、この日は戸塚田組出演回でしたー。 まず、オープニングは光子の独白。 飛びながら独白。 この時点でかなりシュールなものが見れます。 絶対笑ってはいけないという緊張感がより私の笑いを刺激します。 「お葬式で絶対笑っちゃいけないのに、どうしても面白い状況が発生してる」みたいな? なぜ飛ぶ必要があったのか、まったくわかりません。 ちなみに独白が終わると歌います。 「まだまだ人生半ばです」って… あぁ、もう無理。絶対無理…笑いたいのに笑えないこの苦痛。 途中までは滝レボの熊野のくだりまんま。 とっつーが河合ちゃんの悪役やってます。 とっつーの悪役新鮮…そんなとっつーもカワイイ… ユキヒメが、光子になっています。 みっくんも上からしゅるしゅるしゅる~っと降りてきます。 竜宮城もあります。「テンション」歌うよ!! でも「テンション」光子ご接待バージョン。 超つまんねぇ。光子接待するなら私を接待してよ、と思ったとか思わないとか… 光子セーラー服とか言ってるけど、アレ実際着てるんじゃなくて画面上だけだからね。 「DEEP」人生だとありません。アレカッコイイから見たかった。 竹林ダンスもあります。アレもよーく考えるとMJオマージュですね。 途中まで滝レボまんまだったんだけど、途中で京都の座長と青年の話に。 この辺りから完全カオス。 熊野のあのくだりと京都の話がまったくつながりません。 タッキー、光子、ニッキの話へ。 太P、自分の思いこみだけでタッキーを憎み、芝居小屋放火。 最終的に自分の婚約者をタッキーに盗られたと思ったけど、実はそうじゃなくて最後 「許せ、ヒデアキ…」 いや、小屋放火して「許せ」って普通許せませんから。 …ってヒデアキ許した態になってるよ!! 最後にわかった真実は、 ヒデアキの母の姉→光子 ヒデアキの父→ニッキ つまりヒデアキとニッキは親子(ここまでは納得できる) ニッキと光子は義理の姉弟。 あーわかんないわかんないー。深く考えると混乱するから考えること止めます。 最後はみんなで「人生革命」を合唱。 以下、毒吐きます。 この芝居、介護芝居ですよね? もうね、「新春 介護革命」 新しい形の介護ですよ。 そこまでして舞台に出したいか?と。 ストーリーの破綻っぷりはいつものことだから慣れてますけど ジャニーズ勢がみんな完全光子接待モードで。 接待か介護か非常に微妙なラインだとは思いますけど。 別にそのやっかみとかではなくて ホント普通に見てて「ここまでして舞台に出演させる意味があるんだろうか」と 素直に思ってしまったよ。 私の中では一つ疑惑も芽生えたし。 あそこまでして舞台に立たせる意味があるんだろうか? キスマイ的には出演も結構あるし、結構楽しめると思います。 ってか、私は楽しんだ。できるならもう1回みっくんの太夫姿みたい。 でも、作品とはしてはちょっと疑問です。 なんか、見てて痛々しい…
広告を非表示にする